HOME>トピックス>更年期障害の悩みを漢方で解消~漢方の効果を実感するには~

更年期障害の悩みを漢方で解消~漢方の効果を実感するには~

漢方

更年期の改善に役立つ漢方の成分

更年期の年齢にさしかかり、特有の症状に悩まされている女性はたくさんいらっしゃいます。女性ホルモンの低下で起こる更年期の症状は避けては通れないものですが、市販の漢方などで症状の改善を図ることはできます。のぼせや発汗、ほてりなど自律神経の乱れが原因となるホットフラッシュ、また不眠やめまいなどは、代表的な症状として挙げられます。これらの症状に有効な漢方成分は、加味逍遥散(かみしょうようさん)や当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、温経湯(うんけいとう)などとなります。更年期にお悩みの方は、ネット通販を利用してこれらの漢方を購入し頼ってみると良いでしょう。成分名に難しい漢字が並んでいますが、検索すれば簡単に見つけられます。

漢方

漢方を服用するタイミング

一定の効果を出すためには、飲み方、飲むタイミングなども重要になるので気をつけていきましょう。漢方は基本的に食間や食前に飲むのが良いとされています。空腹時に利用すれば体内に吸収されやすくなるので、時間を決めてお腹を空かしておく習慣をつけると良いでしょう。更年期に有効とされる漢方にも同様のことが言えるので、食間、食前を基本とすれば間違いありません。時には飲むのを忘れてしまうこともあるでしょうが、そういった場合に限っては食後に飲んでもかまいません。体に作用させるために一番大切なことは、毎日継続していくことです。また、大量に飲んでしまうと副作用が出ることもあるので、各漢方製品の説明に従い適量を心がけることも求められます。かかりつけの婦人科などがある場合は、医師に相談しながら利用すると良いでしょう。